マナーも大事!お祝いギフトの基礎知識

記事を検索
Contnets

内祝いのギフトとマナー

これまで慶事に対するお祝いギフトについてみてきました。
お祝いを頂いたらお返しをするのもマナーです。
最後にお返しで人気のギフトやマナーについてみていきましょう。
元々内祝いは「お返し」という意味合いはなく、おめでたいことがあったので皆様にもお裾分けしよう、ということでお祝い品を周りの人に配っていたものです。
ところが現在では、結婚や出産、進学、就職などの慶事があったときに頂いたお祝いへの返礼品のことを「内祝い」といっています。
様々な年齢層の人からお祝いをもらうこともありますので、お返しと言っても何を贈ったらいいのか迷う人も多いと思います。
そんなときにはカタログギフトがお勧めです。
カタログを先方に贈り、その中から好きな物を選んで申し込んでもらうシステムです。
カタログも値段によってランクがあり何段階か選べます。
申し込みの手間をかけてしまいますが、先方の好きなものを選べるという点で人気です。
一人一人に違ったものを選ぶのが大変ということであれば、いくつあっても困らない石鹸やタオル、ハンカチなどを選んでおけば間違いないと思います。
事実、これらは内祝いの人気アイテムです。
甘いものが好きな人であれば、お菓子なども良いでしょう。
お返しは頂いた品物の3分の1から半分くらいの価格のものを贈るのが相場ですが、あくまで目安です。
あまり高価なものをもらっても却って気を遣いますので、無理のないようにしましょう。
何より感謝の気持ちを伝えるのが一番大切なことです。
Copyright (C)2017マナーも大事!お祝いギフトの基礎知識.All rights reserved.